2019年03月19日

やっぱりラーメンだよね


ついでに連投。

結構前に、ブログ(前のブログ)で鍼とラーメンは似てる。

という話を書きました。

覚えている方は、もはや、めいしんどうマニア。。

要約すると、

どちらも、中国発祥だけど、日本に入って、

独自の文化を作り上げた。的な話でした。(たぶん)


で、昨夜鍼の番組見て思い出したのは、やっぱり鍼=ラーメンだよね。と。

つまり、ラーメンってスープと麺と具。でおおよそラーメンじゃん。

うどん、そば、は置いといて。

で、鍼も、鍼を使ってれば、おおよそ鍼じゃん。

でも、どちらも、その内容は様々で、

ラーメンもいろんなスープに、いろんな麺に、具の工夫まで行くと、

それこそ、無数にラーメンが出来上がるわけで、

それは鍼も同じで、

同じ鍼を使ってても、使うツボ、刺し方、症状、先生の考え方、とか加わって、

無数の施術スタイルが出来上がるわけで。

で、それぞれに、ファンがいるわけで。

どれが、正しくて、どれが間違ってる、ってこともないです。

さらには道具も無数にあるわけで。


ラーメン屋も世の中に無数にあるけれど、

複数回通いたくなる、お気に入りってのは、ある程度、限られます。

鍼灸院(マッサージ院)も無数にあるけれど、

自分のお気に入りってのは、これまた、限られてくると思います。

まずは、体験してみる。

それが、いいのかもしれません。

ラーメンもあっさりこってりあるように、

鍼治療も、ソフトからハード、さらには専門分野までいろいろあります。

術者の好み、受け手の好み。

術者の想い、受け手の想い。

それぞれが、マッチして、受け手のお気に入りになる。

とはいえ、ラーメン食べるのと違って、

カラダをあずけるわけだから、ちょっと緊張しますよね。

しかも、お腹が空いてラーメン食べるのと違って、

なにかしんどい症状があって、なので、

複数回試してみて、信頼できるかどうか、見極める。

のも大事かな。

科学の目が鍼に入って行っても、

まだまだ、現場は個人単位の、良し悪しの世界の話なので。

科学的根拠がある→その通りの結果が出る。というのは、まだもう少し先の話かな。


私見だけど、施術は受け手と術者、双方で作り上げるものだと思います。

会話や質問、体験、そういったキャッチボールの上で深まっていくものなのかも。

鍼の番組を見て、鍼灸に興味を持った方が、

お気に入りの、信頼できる先生と出会えたら、イイなと思います。


個人的には、ウチを気に入ってくれる人が、じゃんじゃん増えたら、

ゲツマツに泣かなくて済みますので、そうあって欲しいと、そっと願ってますが。。


あー勢いで書くと、文章がうまく、まとまりません。。

ブログ書けども、文章力上がらず。。

そして、、無性にラーメンが食べたい。

結論、、ラーメンが食べたい!



ということで、お茶を濁す。3月のワタシ。

posted by akita at 11:29| 日記